>>管理人 omemoの新お宝ショップギャラリーサイト!<<
300-100-A.png
>>管理人 omemoの渾身の新お宝ショップサイト!<<
otakarashopnavi-jp-351-100-S.gif
>>より手軽に!便利に!!お宝発見☆タカラモ!<<
bn_takaramo02.jpg
>>マンガ倉庫グループ総力徹底取材☆第三弾!<<
mangasoukoensei2016-2.png
PR



(群馬県)ガラクタ鑑定団太田店7(閉店しました)

ガラクタ鑑定団太田店 がらくたかんていだんおおたてん
ガラクタ鑑定団太田店201701-01.jpg

↑   ↑   ↑

お店の詳細
(住所,営業時間等)は
上記データをご覧下さい。


*ブログ内の画像はクリックしますと拡大して見れます!!




【 情報 】


 ガラクタ鑑定団太田店は、

2017年01月09日(月)で閉店しました。

 買取受付は2016年10月31日で終了となりました。


(2017.01/22 更新)


















ガラクタ鑑定団太田店さま、ご協力有り難うございました!。

(2017.01/22 更新)



 ガラクタ鑑定団太田店・・・。
群馬県太田市のお宝ショップシーンを沸かせてきました
ガラクタ鑑定団グループの老舗お宝ショップです。


 昨年秋口に完全閉店!との衝撃情報が・・・。

 随時お店のHPやSNSにて発信されていく
閉店に向けての情報を見るにつれ・・・、
なんとかもう一度見に行かないと!
と心に堅く決めておりました。

 
 私 omemoに取りましても、
こちらのガラクタ鑑定団太田店
全国数あるお宝ショップの中でも
屈指の思い入れを持つお店。


 以前の佐野鑑定団からの移転、
開店時の情報が少ない中、
周囲をしらみつぶしで車で探し回った事も。


 やはり閉店してしまいましたが、
近くに馴染みの?ゲームセンター
ありましたので、当時住んでおりました
隣県からも片道1時間程かけて
コンスタントに覗かせてもらっておりました。
 記事にはしていませんでしたが、
一時は月2〜3回は行っていたかと思います。

E3818AE79FA5E38289E3819B4.jpg
 そして極めつけは・・・、
コメンテーターさまから情報で
これも当時大きく驚きました
チラシ広告への私 omemoの
来店を呼びかけます掲載。

 しかも、数回に渡って
されていました(恐縮)。


ガラクタ鑑定団太田店150.jpg  さらには前回チェック時に
 お店看板横に設置されました
 TOY看板も。
  こちらは、今はなき
 ガラクタ鑑定団さいたま本店にも
 設置して頂いた事がありました
 (チラシにも載せて頂きました)。

 
 そんな事もあり・・・、
ある意味お宝ショップの楽しさ、
そして現在に至りますメディア運営にも
多大な影響を頂いたお店の閉店!。
 これは必ず見ておかなくては!、
私 omemoのお宝ショップを愛する心に
決着が付けられない・・・!。



 そんな思いに駆られ、
以前と同じ形のルートを辿り、
群馬県太田市へ。


 群馬県館林市方面から続く
東国文化歴史街道(国道122号線)
 この道、すっごく好きなんですよ。
のどかでどこか郷愁を誘う雰囲気・・・。


 私 omemoがオススメなのは
群馬県館林市の小桑原交差点から
始まる群馬県太田市の東武小泉線踏み切りまでの
ルート、およそ14km。
 今度来るときは道路風景を
動画で撮らなくては(苦笑)。



 群馬県太田市に入り、
先程の東武小泉線の踏み切りを
越えますと、パッと市街繁華街地域へ。

ガラクタ鑑定団太田店201701-20.jpg
 そのまま進んで行きますと、
見慣れたチェッカー柄の
看板
が左手に。
 ほぼ同じカラーデザインは
水戸鑑定団本店でも採用。

ガラクタ鑑定団太田店201701-97.jpg
  地味ながらも
 味わい深い鉛筆型看板

  大きく貼られた
 閉店セール開催中の告知。
  早速お店駐車場へ。

ガラクタ鑑定団太田店201701-09.jpg
 片隅に車を停め、
いよいよ最後の
外観チェック
を開始。

ガラクタ鑑定団太田店201701-96.jpg 
  当日は絶好の快晴
 これはイイ画像が撮れる!、
 と嬉々として各所を回ります。
  駐車場は変わらぬ混雑ぶり。

ガラクタ鑑定団太田店201701-19.jpg
 まずは裏手の交差点
方面へ向かいます。
 先程車中より見えた
大型看板をメインに
シンプルな装飾。
 じっくりと鑑賞。

ガラクタ鑑定団太田店201701-22.jpg
  角部設置の看板。
 以前は昼夜問わずに
 賑わっていたであろう面影、
 24時間営業の表記。
  独特の星をあしらった
 買いますマークは後年から。


ガラクタ鑑定団太田店201701-16.jpg
 大型看板を通り側から。
少しづつ姿を消しつつある
どことなく淫靡さもある
妖しいgarakutaロゴ。
 またひとつ消滅。
寂しい限りです。


ガラクタ鑑定団太田店201701-23.jpg
  道路側でたなびく
 閉店セールのノボリ
  まさかこれを見る事に
 なろうとは・・・。
  行けば在ると思っていたお店。
 これが今、無くなろうと。


ガラクタ鑑定団太田店201701-10.jpg
 次は第二駐車場方面から。
黒赤ツートンの映える
カテゴリー表示
 楽しさの詰まっていた
建物全体・・・。

ガラクタ鑑定団太田店201701-11.jpg
  再びお店正面へ。
 お店に向かう初老の
 ご夫婦に・・・、
 「なんかお店撮ってる。
 記念かしら・・・?」。

  そんな会話と笑いを耳に。

ガラクタ鑑定団太田店201701-08.jpg
 記念・・・、
そうかも知れません。
 バカらしく見えるかも知れません。
しかし!そんな会話や嘲笑、
私 omemoには、なんとも。
 夢中でシャッターを切ります。


ガラクタ鑑定団太田店201701-13.jpg 
  オドロキのぐんぎんATM
 出入り口横に以前は存在。
  正面側から堂々たる
 このツラ構え!。
  やっぱりガラカン太田、
 これですよ、これ!。


ガラクタ鑑定団太田店201701-06.jpg 
 お店看板スグ右。
好位置に設置された
TOY看板
 今までの有り難さ、
私 omemoの記憶が
暫し揺さぶられます。

ガラクタ鑑定団太田店201701-05.jpg
  「!!閉店セール開催中」

 告知されたお店看板周囲を
 見上げながら、往来の激しい
 出入り口を抜け、店内へ。


↓    ↓    ↓

こちらをクリックしますと記事の続きを読む事が出来ます!

(群馬県)ぐるぐる大帝国館林店2

ぐるぐる大帝国館林店
ぐるぐるだいていこくたてばやしてん
ぐるぐる大帝国館林店201701-14.jpg

↑   ↑   ↑

お店の詳細
(住所,営業時間等)は
上記データをご覧下さい。


*ブログ内の画像はクリックしますと拡大して見れます!!





















ぐるぐる大帝国館林店さま、ご協力頂き誠に有難うございました!。

(2017.01/12 更新) 



 ぐるぐる大帝国館林店・・・。
関東地方に明るい「お宝リサイクル」
キャッチコピーのもと、大型お宝ショップメインに
展開している
ぐるぐる大帝国グループのお店です。

 以前より強烈で香ばしい
お宝ショップ
が群雄割拠していました
この群馬県
 そしてこの周辺は、4県(群馬県、栃木県、茨城県、埼玉県)の
県境が交わり、手軽に隣県のお宝ショップが
楽しめます、魅惑の地帯。



 まさかの群馬県館林市
新規オープンした時のオドロキ、
これはよく覚えております。


 現在もそうですが、
当時この周辺には
これだけの大型店も無かったので、
オープン間もない時期に
矢も楯もタマらずチェックへ。


 しかし、お店で待ち受けて
いましたのは・・・、
これもまさかの撮影禁止(困惑)
 とにかく画像がありませんと
魅惑の店内各所
私 omemoの拙い文章力では思うように
お伝え出来ない為、残念な思いでお店を後にしました。


 この経験は現在に繋がり、
取材方法を徐々に変える
きっかけにも。
 いわば私 omemoの
現在のスタイルに
至った貴重な出来事、
これを体験したお店でもあります。



 今回は事前アポにて
ご快諾を頂き、満を喫して
群馬県館林市へ朝イチ出撃!。

ぐるぐる大帝国館林店201701-11.jpg
 久々の同地域特有の
和やかなムード、
これも堪能しつつ、
お店へ順調に到着。
 車を停め、早速
外観チェックへ。

ぐるぐる大帝国館林店201701-05.jpg
  外観は一分の隙も
 見られない、見事な
 までの赤茶カラー
  現在のお宝ショップ的
 スタンダードカラー

 キメられています。

ぐるぐる大帝国館林店201701-02.jpg
 その表記は
頼もしさの象徴?
お店上部には
「24時間営業」
「買います」
フレーズが鎮座。

ぐるぐる大帝国館林店201701-194.jpg
  同じフレーズは
 モチロンここにもアリ。

  ロードサイドの
 こちらも巨大過ぎる
 直立看板
、これも健在。
  周囲を圧倒する
 その大きさ。
  そして直下に配置された
 ぐるぐる大帝国表記

ぐるぐる大帝国館林店201701-10.jpg
 裾野に広がる駐車場
これもなかなかの広さ。
 フルフラットですが、
若干変則駐車位置もアリ。
 夜間は充分ご注意を。


ぐるぐる大帝国館林店201701-04.jpg
  お店前面市道を
 挟んだ向かいにも
 共用駐車場が存在。
 ザックリ200台くらい
 有してそうにも?。

ぐるぐる大帝国館林店201701-09.jpg
 道路側のお店サイド。
ここには唯一の
オールドアメリカン看板が。
 やっぱりひとつは
コレがありませんとね。

ぐるぐる大帝国館林店201701-182.jpg
  他のお宝ショップと
 異なり、要所要所で
 様々なぐるぐる大帝国ロゴ、
 これがチラされています。
  入店前からみっちり
 ぐるぐる・・・。


ぐるぐる大帝国館林店201701-08.jpg
 出入り口周辺も
モチロン魅せてくれます。
 ツボを押さえた
何でも買います看板
キッチリあり。

ぐるぐる大帝国館林店201701-15.jpg
  ボリューム満点?、
 巨大ドミノの様に
 各所配置された買取強化
 看板群
も大きな特徴。
  とにかくそこいら中に
 ある様にも・・・。

ぐるぐる大帝国館林店201701-18.jpg
 そして、やっぱり?
ぐるぐる大帝国グループ
と言えば、コレコレ!。
 巨大怪獣オブジェ。
しかし現在同グループでも
次第に姿を消し、今や超貴重。


ぐるぐる大帝国館林店201701-17.jpg
  ぐるぐる大帝国館林店では
 周囲をウッドデッキで固めて
 より目立つ形に。
  その周りを彩るのは
 モチロン・・・アレ?

ぐるぐる大帝国館林店201701-195.jpg 
 じわじわお宝ショップ
増殖し続ける、赤いモビ・・・
ではなく、コスモス!

 1台ながらの設置も
その存在感は群を抜いてます。
 今のガチャでは
醸し出せない?この貫禄。

 勇者な貴方は、入店前に
ノるかソるかの運試しを。

ぐるぐる大帝国館林店201701-20.jpg
  コスモスの周りの
 小型ガチャ群も
 同テイスト。
  出てくる景品、
 これは限りなく妖しく、
 そして胡散臭くが基本?。


ぐるぐる大帝国館林店201701-19.jpg
 出入り口左手角部、
ここが買取処
 店内外どちらからでも
アクセスが可能。
 オドロキの24時間
買取査定対応
の表記が!。

ぐるぐる大帝国館林店201701-24.jpg
  変わって出入り口
 右手には・・・、
 ここもオドロキ!、
 イートインスペースに。
  これは見かけませんね。


ぐるぐる大帝国館林店201701-27.jpg
 取り急ぎチェック。
意外にシンプル・・・。
 群馬県なだけに、
DEEPな自販機レストラン
(オートパーラー)
っぽい
仕様にしても面白いのかも。


ぐるぐる大帝国館林店201701-06.jpg
  そして肝心の?
 店内出入り口
  お宝発見看板、
 そしてオレンジゲート。
  やっぱりナニか感じる?
 ぐるぐる大帝国テイスト

ぐるぐる大帝国館林店201701-192.jpg
 手前柱部周辺、
ここがミソ。
 公式HPのぐるぐる島が
モチーフ?密林チックな
装飾に、ビシバシ付けられた
木ぎれ。このフレーズを
読むのが、また楽しい!!。


ぐるぐる大帝国館林店201701-23.jpg
  私 omemoが
 特に気に入ったのは
 こんなのですとか・・・。
  冒険感を出しつつ、
 しっかり地域最大を
 アピールしてましたり・・・。


ぐるぐる大帝国館林店201701-193.jpg
 ぐるぐる大帝国オリジナル
キャラをふんだんにチョイス。
 こんなアートもイイですね!。


ぐるぐる大帝国館林店201701-26.jpg 
  オレンジゲート内
 ココもとにかく賑やか。
  陽気なハチャメチャ感
 そしてちょっぴり加わる
 妖しさが絶妙にブレンド。
  仁王像宜しく某キャラ2体
 ニラミをキカせています。 

ぐるぐる大帝国館林店201701-28.jpg
 入店前より
じっくり周囲各所を
ぐるぐる?堪能した
ところで・・・
いよいよ店内へ。


↓    ↓    ↓

こちらをクリックしますと記事の続きを読む事が出来ます!
 【 警告 】
 当ブログ(万代書店&鑑定団&倉庫の全国制覇を目指すブログ
  (http://mandaisoukokanteidan.seesaa.net/)内にて掲載されている
 全てのコンテンツ(文章、画像、その他の掲載している電子情報の全て)の
 無断転載、転用を禁止します。
 当ブログの全てのコンテンツは、日本の著作権法及び国際条約によって
 保護を受けています。
 Copyright 2007〜2014
 万代書店&鑑定団&倉庫の全国制覇を目指すブログ. All rights reserved.
  Never reproduce or replicate without written permission.