>>管理人 omemoの新お宝ショップギャラリーサイト!<<
300-100-A.png
>>管理人 omemoの渾身の新お宝ショップサイト!<<
otakarashopnavi-jp-351-100-S.gif
>>より手軽に!便利に!!お宝発見☆タカラモ!<<
bn_takaramo02.jpg
>>マンガ倉庫グループ総力徹底取材☆第三弾!<<
mangasoukoensei2016-2.png
PR



(愛知県)お宝市番館尾張小牧店

お宝市番館尾張小牧店 
おたからいちばんかんおわりこまきてん
otakaraichibankanowarikomakiten201706-001.jpg
 <基本データー>
 店名:お宝市番館尾張小牧店   
 住所:愛知県県小牧市
     堀の内3丁目24       
 TEL :0568-65-6222
 営業時間:09:30〜24:30       
 Pスペース:200台程?


→ お宝市番館尾張小牧店 詳細マップ ←

*ブログ内の画像はクリックしますと拡大して見れます!。













































お宝市番館尾張小牧店さま、ご協力頂き誠に有難うございました!。

(2017.08/10 更新) 



 お宝市番館尾張小牧店・・・。
西日本メインにお宝市番館ブランドで
展開している、
お宝市番館グループ
お宝ショップです。



 以前までは、東方面の上限店として
お宝市番館三重本店が位置し、
本店としての堂々たる存在を見せていました。


 2016年10月29日に新規オープンしたこの新店、
出来た地域がなんと、愛知県!。



 愛知県と言えば、言わずと知れた
お宝ショップの最激戦地
 地場グループであります買取王国
お宝創庫という2大グループが
しのぎを削っている特殊地域でもあります。


 今までありそうで、あり得なかった?
この愛知県への他グループの進出、
しかもお宝市番館グループとは・・・?。



 そういった意味で?
新規オープン当初より気になる存在と言えました。


 今回ようやく機会到来。
満を喫して、愛知県小牧市へ!。


 場所は電車ですと、名鉄小牧線 小牧駅より徒歩20分程、
車ですと、東名・名神自動車道 小牧ICより10分程です。


 ここから弥生町交差点より
県道197号線へ入って、進む事暫く・・・。
 小牧市役所、そしてアピタ小牧店
右手に確認出来ます。

otakaraichibankanowarikomakiten201706-017.jpg 
 お店はちょっと
奥まった場所に存在。
 アピタ小牧店が目安。
県道197号線沿いには
看板がないので注意が必要。


otakaraichibankanowarikomakiten201706-018.jpg
  このアピタ小牧店
 お隣にお店は位置。
  最先端のお宝市番館
 カラー
とも言えます
 レッド・ブラックな
 外観ですので、スグ分かります。

otakaraichibankanowarikomakiten201706-006.jpg
 そのまま進んで
お宝市番館尾張小牧店
正面駐車場に車を停め、
まずはちょっと特殊な
周辺状況からチェックへ。

otakaraichibankanowarikomakiten201706-013.jpg
  先程の県道197号線沿い、
 小牧山口という交差点。
  ここはその名の通り
 小牧城を取り巻く公園
 次回はこちらも散策したい
 ところ・・・。

otakaraichibankanowarikomakiten201706-012.jpg
 ここにはバス停もアリ。
名鉄バスをはじめ、各種
バス路線が乗り入れ。
小牧市役所前という
バス停の為、バスでの
現地入りも、モチロン便利。

otakaraichibankanowarikomakiten201706-019.jpg
  この交差点を曲がり、
 ひとつ建物をおいて
 スグ左手にも駐車場が。
  こちらは近隣店との
 共有タイプ

  中2階程の高さで存在。

otakaraichibankanowarikomakiten201706-022.jpg
 アピタ小牧店
ミニ出入り口。
 横断歩道を挟んで
お宝市番館尾張小牧店
出入り口も存在。
 古着コーナーへ直結。

otakaraichibankanowarikomakiten201706-024.jpg
  そのまま進むと
 左手に柵越しに
 お店前駐車場が確認。
  ここにもしっかり?
 ウリタくんを活かした
 ノボリ、そして看板が多数。

otakaraichibankanowarikomakiten201706-025.jpg
 再びお店正面へ。
お宝ショップ全般的な
赤茶系カラーリングではなく、
赤塗り+黒の差し色。
 噂に聞いたお宝市番館的
スタンダードカラー。


otakaraichibankanowarikomakiten201706-005.jpg
  正面右手側より
 屋上駐車場へ。
  スロープも緩やかで
 比較的に広め。
  高さ制限アリ。
 大きく問題ナシかと。

otakaraichibankanowarikomakiten201706-196.jpg
 屋上駐車場
こんな感じ。
 車止めも要所のみ。
キャパもあり駐車は
かなりし易い状況。
 利用は23:00まで。

otakaraichibankanowarikomakiten201706-004.jpg
  入店前より
 レアモノならぬ?
 レアカー発見!?
  ド派手に決められた
 お宝市番館尾張小牧店が。
 これは注目度バツグン!。

otakaraichibankanowarikomakiten201706-031.jpg
 出入り口が多い。
これも大きな特徴。
 右手側がホビーコーナー、
左手側が買取処へ直結に。
 どちらもウリタくんが
賑やかに踊っています。

 
otakaraichibankanowarikomakiten201706-210.jpg
  ワンポイントで
 オリジナルキャラを
 配置しているお宝ショップ。

  これはよく見かけます。
 ここまでビシバシ見かける
 お店って・・・、
 まずありません。


otakaraichibankanowarikomakiten201706-209.jpg
 しかも、このウリタくん、
シチュエーションごとの
描写がとにかく多岐。
 本当にこれはスゴい!。

 様々なVer.を眺めるだけで
非常に楽しい!。
 後ろ姿まで、ぬかりナシ?。
この頼もしい背中!?。


otakaraichibankanowarikomakiten201706-029.jpg
  こちらは買取処直結
 出入り口
の外観。
  実は買取処の造りと
 その周辺はお客さんが
 多すぎて撮影を断念(汗)。
 気になる貴方は、直接現地へ。

otakaraichibankanowarikomakiten201706-027.jpg
 立て看板関連
ちょっと控えめに存在。
 しかし、ポイントを
キッチリ押さえた造りに。
 特に右の求人看板
これは秀逸。

otakaraichibankanowarikomakiten201706-026.jpg
  上部看板の光景。
 ナナメ2段構えの
 買います看板と
 堂々たる店名表記。
 小牧基地から飛び立つ
 軍用機もワンポイント?。


otakaraichibankanowarikomakiten201706-033.jpg
 お客さんの流れも
考慮しつつ・・・、
混み合う買取処出入り口
パスし、ホビーコーナー
直結出入り口
より
いよいよ店内へ!。



↓    ↓    ↓


こちらをクリックしますと記事の続きを読む事が出来ます!

(岐阜県)浪漫遊各務原店4

浪漫遊各務原店 
ろうまんゆうかかみがはらてん
romanyukakamigaharaten201706-401.jpg

↑   ↑   ↑

お店の詳細(住所,営業時間等)は
上記基本データをご参照下さい。


*ブログ内の画像はクリックしますと拡大して見れます!!


























浪漫遊各務原店さま、ご協力頂き誠に有難うございました!。

(2017.07/30 更新) 



 浪漫遊各務原店・・・。
岐阜県各務原市にあります
浪漫遊グループの老舗お宝ショップです。


 以前の店名は、お馴染み万代書店各務原店
言わずと知れた?万代書店グループの中でも
レジェンド的存在。



 石川県の浪漫遊金沢本店
三重県の浪漫遊松阪店(旧店名:万代書店松阪店)
とともに、浪漫遊・万代書店グループとして
中日本地域のお宝ショップユーザーの
熱視線を浴びていました。
*現在は福井県の浪漫遊福井店もアリ!
(2017.07月現在)。


 2016年07月に、グループ内の
万代書店ブランドのお店が一斉に
浪漫遊ブランドに店名変更。

 こちらも万代書店各務原店から
浪漫遊各務原店となりました。


 前回チェックは2012年の夏頃
この時には、漆黒の外観
キレイさっぱり今風の外観に変貌。
 しかし、店内テイストはそのまま、
そして別館の出現等々・・・。
各所で大いに楽しませて頂いた
記憶が残っています。 

romanyukakamigaharaten201706-002.jpg
 万代書店から浪漫遊
なってからの初チェック。
 その変化、今回は如何に!?。
この1点がとにかく気になり、
周辺高速道路を駆使して
岐阜県各務原市へ・・・。

romanyukakamigaharaten201706-193.jpg
  交通量の多い
 国道21号線を慎重に
 進み、どこか朴訥な
 買います看板を目安に
 駐車場へ。

  看板の向こうに見える
 焼き肉屋さん・・・、
 前から気になってます(苦笑)。
 いつかチャレンジしなくては。

romanyukakamigaharaten201706-003.jpg
 フラットな駐車場
車を停車。
 まずは遠目から
外観各所をチェックに
向かいます。

romanyukakamigaharaten201706-006.jpg
  本館・別館の
 2大体制はそのまま。
  特に浪漫遊ブランドに
 チェンジしても、
 駐車場内周辺の装飾
 トッピングは見られず。


romanyukakamigaharaten201706-005.jpg
 正面から向かって
右側、ますは本館より。
 外観に大きな変化は
やっぱり・・・ありました。
 全体のイメージは
そのままでもロゴや表記が!。


romanyukakamigaharaten201706-008.jpg
  神社仏閣的荘厳さ?
 これに近い感覚を
 受ける正面部分。
  店名表記、そして
 オレンジゲートも
 それとなくチェンジ。

 
romanyukakamigaharaten201706-012.jpg
 チェック当日は
正面出入り口前で
青空市が開催中。
 こういうの、
やっぱりイイですよね。

romanyukakamigaharaten201706-015.jpg
  右手側スペースも
 みっしりと展開。
  オドロキの価格、
 オールドアメリカン看板
 とのコントラストもオツ。

romanyukakamigaharaten201706-013.jpg 
 左手側は休憩スペース
比較的広め。
 台車等もこの辺りに
多めに完備。

romanyukakamigaharaten201706-018.jpg
  その壁部、
 誇らしげに配置された
 買いますビッグロゴ、
 楕円の浪漫遊マーク。
  思わず見とれます。


romanyukakamigaharaten201706-022.jpg
 市道側より斜めアングル
からの一枚。
 またこの位置からですと
不思議な迫力を感じさせます。
 お宝ショップ的様式美を
刮目せよ!?。


romanyukakamigaharaten201706-031.jpg
  ちょどこの時、
 天気は好転、
 しかし強風・・・。
  市道に沿ってはためく
 ノボリはこんな感じに。

romanyukakamigaharaten201706-021.jpg
 市道側の柵には
別館への誘導看板。
オレンジ・イエロー
ツートンカラー。
 ここは変わらず。

romanyukakamigaharaten201706-024.jpg
  そのまま別館
 外観も拝みに。
  !?、まさかの
 展開に驚愕・・・。

romanyukakamigaharaten201706-026.jpg
 以前は本館と
同じカラーリング。
 しかし今回は
完全リニューアル!。
 まさかのオール
オレンジな外観!。


romanyukakamigaharaten201706-029.jpg
  ・・・でも
 意外に合いますね、
 このカラーリング。
  買います表記
 違和感なく鎮座。

romanyukakamigaharaten201706-189.jpg 
 以前はウエービーな
カテゴリー表示がされた
部分は、インパクト抜群な
釣具屋オンリーで猛アピール。
 ほとばしる、この躍動感!。

romanyukakamigaharaten201706-011.jpg
  オレンジ地での
 浪漫遊ロゴも。
  ふりがなは・・・
 「ろう」ではなく、
 「ろー」という点。
  ここがポイント。


romanyukakamigaharaten201706-156.jpg
 別館前には駐車場と
共に存在するのが
ミニ四駆サーキット
 青空コースの為か?
使用する意外はシートで
覆われている様です。

romanyukakamigaharaten201706-028.jpg
  この別館を抜け、
 裏手の市道側から見ますと
 こんな感じ。
  こちら側は白地の
 ノーマル外観ですので
 進入時は少し注意が必要かと。


romanyukakamigaharaten201706-033.jpg
 別館チェックは
本館終了後まで
おあずけ?。
 再び本館正面へ移動。


romanyukakamigaharaten201706-010.jpg
  やはりここが
 最大のアイコン?
 富士山型の何でも
 買います看板

  じっくり仰ぎつつ
 早くも風情漂う店内へ・・・。


↓    ↓    ↓

こちらをクリックしますと記事の続きを読む事が出来ます!
 【 警告 】
 当ブログ(万代書店&鑑定団&倉庫の全国制覇を目指すブログ
  (http://mandaisoukokanteidan.seesaa.net/)内にて掲載されている
 全てのコンテンツ(文章、画像、その他の掲載している電子情報の全て)の
 無断転載、転用を禁止します。
 当ブログの全てのコンテンツは、日本の著作権法及び国際条約によって
 保護を受けています。
 Copyright 2007〜2014
 万代書店&鑑定団&倉庫の全国制覇を目指すブログ. All rights reserved.
  Never reproduce or replicate without written permission.