>>管理人 omemoの新お宝ショップギャラリーサイト!<<
300-100-A.png
>>管理人 omemoの渾身の新お宝ショップサイト!<<
otakarashopnavi-jp-351-100-S.gif
>>より手軽に!便利に!!お宝発見☆タカラモ!<<
bn_takaramo02.jpg
>>マンガ倉庫グループ総力徹底取材☆第三弾!<<
mangasoukoensei2016-2.png
PR



(栃木県)ガラクタ鑑定団小山総本店

ガラクタ鑑定団小山総本店
がらくたかんていだんおやまそうほんてん
ガラクタ鑑定団小山総本店101.jpg
 <基本データー>
 店名:ガラクタ鑑定団小山総本店   
 住所:栃木県小山市
     犬塚50−65     
 TEL :0285-38-6081
 営業時間:10:00〜26:00  
 Pスペース:あり


→ ガラクタ鑑定団小山総本店 詳細マップ ←

*ブログ内の画像はクリックしますと拡大して見れます!。












ガラクタ鑑定団小山総本店さま、ご協力有り難うございました!。

(2015.09/25 更新)


  
 ガラクタ鑑定団小山総本店・・・。
栃木県をメインに古くより
お宝ショップグループを展開している

ガラクタ鑑定団グループのお宝ショップです。

 2015年04月25日に栃木県小山市に
新規オープンしています。
 ホームセンター、元セキチュー小山店の
跡地の様です。
 

 店名に総本店とされていますので、
その名の通りのガラクタ鑑定団グループ
お宝ショップにおけるフラッグシップ店とも
言えるかと思います。

 全国津々浦々お宝ショップはあれど、
本店表記は多々見受けてきましたが、
総本店とは!、これは初めてです。



 場所は電車ですと、JR宇都宮線 小山駅より徒歩40分程、
車ですと、東北自動車道 栃木ICよりやはり40分程です。

ガラクタ鑑定団小山総本店103.jpg
 のどかで平坦な田園地帯
走って行きますと、赤い鉄塔の
横にソビえ建つ赤い看板、
これが見えて来ます。

 この看板、デザインは
非常に斬新。
 JR小山駅方面からきますと
赤地に「魂」の文字!
目立ちます。

ガラクタ鑑定団小山総本店102.jpg
  逆方向からみても
 このインパクト。

  「お宝ノ殿堂」から始まり、
 「そうだ鑑定団に行こう」
 シメられています。

  買います表記もなく、
 斬新かつレア!。

 

ガラクタ鑑定団小山総本店100.jpg
 現地入りした早々、
嬉しい発見!。
 とにかく広々、これも
平坦かつ停めやすい駐車場に
するり入場。
 外観から行きます!。


ガラクタ鑑定団小山総本店7.jpg
  駐車場はお店横にも
 ひろ〜く存在。
  1台あたりの駐車スペース
 充分過ぎる余裕があり。

ガラクタ鑑定団小山総本店13.jpg
 この辺は
さすがに元ホームセンター。
大量の買取商品持ち込みや
大人買いした際?での
商品移動もらくらくです。


ガラクタ鑑定団小山総本店8.jpg
  この駐車場への出入り口、
 これは2カ所。
  先程の大型看板と共に
 小型看板もありますので
 非常に親切。

ガラクタ鑑定団小山総本店3.jpg
 向かいの道路を横断。
遠目からは、こんな感じ。
 ガツガツ感や肉食感を
打ち出さず、比較的軽やか
かつシンプルに纏められて
います。


ガラクタ鑑定団小山総本店6.jpg
  今度は近寄りつつ、
 ナナメ角度より。
  ひと目でお宝ショップ
 ソレと分かる?セオリー的な
 オールドアメリカンな
 看板設置
なし。

ガラクタ鑑定団小山総本店10.jpg
 ウェービーな
取扱いカテゴリー表記
必要最小限。
 右端の買取表記
シブめのグリーンで
囲まれ、とにかくシック。

ガラクタ鑑定団小山総本店9.jpg
  サブ出入り口は
 正面右サイドに存在。
  こちらは古着コーナー
 直結の様です。
  オレンジゲート等の
 設置もなく、シンプル


ガラクタ鑑定団小山総本店104.jpg
 軒下部分、ここも
ちょっと面白い形状。
 
 下部には買取看板
整然と並び、採光ガラス部
大きくとられ、明るい印象。

 取扱いブランド等も
ホワイトシール
違和感なく、貼られています。

ガラクタ鑑定団小山総本店14.jpg
  外観最大のポイント、
 それは正面出入り口部。
  独特の形状も目を引きます。
 左右サイドから出入りする形。
  上部の大型看板、
 こ・・・これは?。


ガラクタ鑑定団小山総本店11.jpg
 巨大黒板にチョークで
画かれた様な驚愕デザイン。
 つぶさに観察しますと、
右寄りの鑑定団表記を
囲む様に大胆なイラストが
踊っています。唯一無二ですね。


ガラクタ鑑定団小山総本店17.jpg
  静かに迫り来る
 オドロキの連発。
  エントランス部
 入ってみますと、
 またまた面白い造りが!。

ガラクタ鑑定団小山総本店20.jpg
 広めのエントランスは
カウンタータイプの休憩
スペース!。見た事ありません。
 トイレもココ、
左手側に存在。


ガラクタ鑑定団小山総本店19.jpg
  ガラクタ鑑定団グループ
 共通仕様
とも言える
 手荷物預け用のロッカー、
 これもしっかり設置。
  入店する前には
 気を付けたいところ。

ガラクタ鑑定団小山総本店16.jpg
 エントランス内の
メイン入り口右横には
ショットバーを
彷彿とさせる酒類買取
特設コーナー
も。

ガラクタ鑑定団小山総本店22.jpg
  よくよく見てみますと
 ネーミング表記が。
 ・・・「BAR 蛾蛇虫」。
 ガンダムと読むようです(苦笑)。


ガラクタ鑑定団小山総本店21.jpg
 入店前よりコレとは・・・、
サプライズ連発で興奮
冷めやらぬ私 omemoは
ようやく店内へ・・・。


↓    ↓    ↓

ガラクタ鑑定団小山総本店18.jpg
 入ってスグ左手は
買取所&メインレジ
ゾーン。

 アグレッシブな様相を
呈する中、申し訳ないと
思いつつ、手短にご挨拶。
 早速店内を拝見します。

ガラクタ鑑定団小山総本店28.jpg
  ガラクタ鑑定団小山総本店
 特徴ある建物の構造を大きく
 イジらず、特性をそのまま
 活かしたお店造りが面白い
 各所と言えました。


ガラクタ鑑定団小山総本店99.jpg
 先程もチラっとふれました
買取所。看板はやる気みなぎる
猛烈買取所の看板が。
 以前マンガ倉庫福岡空港店
でも見かけた複数カウンター
タイプ
の仕様。

ガラクタ鑑定団小山総本店88.jpg
  まだまだ余裕を感じる
 メインレジ前スペース。
  開放感とツカミ的
 オブジェが各所展開。
  どちらかと言えば
 やや大人しめ。


ガラクタ鑑定団小山総本店23.jpg
 右手すぐからは
アミューズコーナー。
 クレーンゲーム
なかなかのラインナップ。

ガラクタ鑑定団小山総本店26.jpg
  そこから相性バツグン、
 駄菓子コーナーが存在。
   こちらもあまり
 ゴテゴテしておらず、
 自然な感じ
 展開されています。

ガラクタ鑑定団小山総本店98.jpg
 その中には、その名も
あみゅ〜ず屋という
ちょっとした飲食
カウンターも。
 こちらは若干レトロ仕様。

ガラクタ鑑定団小山総本店29.jpg
  お宝ショップのこれも
 定番、レッド仕様の
 メイン通路表示
はナシ。
  さらに右手に進むと、
 iphone修理販売を手がける
 ソニックモバイル30。
 
ガラクタ鑑定団小山総本店32.jpg
 ガラクタ鑑定団白沢店
同様に、店内即受付&カスタム
対応
も可能な様です。
 気になる諸兄は、
別途sonic mobile30
ホームページ
をご参照下さい。

ガラクタ鑑定団小山総本店48.jpg
  すぐお隣は
 一般リサイクル品
 メインにブランド、
 釣り具、家電コーナー
に。

ガラクタ鑑定団小山総本店46.jpg
 とにかくシンプルな
吊り看板がメインの
一般リサイクル品コーナー。
 年配のお客さんも
安心してチェック出来る
広さと快適さ。


ガラクタ鑑定団小山総本店35.jpg
  商品ボリューム
 ほぼ満足行くクラス。
  手に取りやすい
 低めの什器がメイン。
 
ガラクタ鑑定団小山総本店50.jpg
 地味ながらも
ここには大きな特徴、
これがひとつ。
 なんと動作チェックが
その場で可能な、検品
コーナーが存在。
 これは素晴らしい!。


ガラクタ鑑定団小山総本店34.jpg
  向かいからは
 大きく開放的なガラス部
 に沿う様にコの字型に
 古着アパレル関連
 コーナーが広がっています。

ガラクタ鑑定団小山総本店31.jpg
 ガラス部は覆われがちな
お宝ショップが多い中、

ガラクタ鑑定団小山総本店
自然採光を利した独特の
コーナーコントラスト、
これが特徴。


ガラクタ鑑定団小山総本店39.jpg
  照明を落とし、
 ムーディーさ強調。
  いわゆるそれが
 お宝ショップの古着関連
 ですが・・・。


ガラクタ鑑定団小山総本店38.jpg
 こちらの様な自然採光
ですと、また異なるムードで
趣き深さも違ってきます。


ガラクタ鑑定団小山総本店37.jpg
  サブ入り口より
 古着コーナー
 臨みます。
  朴訥な感じもする
 店内アーチ、これを
 くぐります。

ガラクタ鑑定団小山総本店43.jpg
 壁伝いに古着コーナー、
まだまだ続きます。
 上部吊りアイテム
やはり少なめ。

ガラクタ鑑定団小山総本店44.jpg
  これにプラス背の高い
 什器が多く使用されず、
 想像以上に開放感
 あります。

ガラクタ鑑定団小山総本店52.jpg
 コーナー足下部には
LED照明を張り巡らし、
 アクセント効果と
コーナー段差の注意喚起、
これにも繋がります。


ガラクタ鑑定団小山総本店51.jpg
  隣接するレディース
 コーナー
も、際だった
 差別化は図られず。
  マネキンと小物、
 そしてアパレルのバランス、
 これがイイ!。


ガラクタ鑑定団小山総本店53.jpg
 この流れで突如出現、
パチ&スロコーナー。
 もちろん潤沢なスペース
が確保され、快適空間。
 至極明るいコーナー造り。

ガラクタ鑑定団小山総本店59.jpg
  メディアコーナー、
 ここは間口も広くて
 造りが賑やかめ。
  圧迫感を感じない、
 メディアショップ然の仕様。

ガラクタ鑑定団小山総本店62.jpg
 その一角で・・・
目を引いたのが
この什器周り。
 ナニゲにインパクト
バツグン?オススメ商品。


ガラクタ鑑定団小山総本店60.jpg
  ゲームソフト関連。
 ここも大人しめ。
  装飾は地味目ですが、
 整備されていますので
 とにかくチェックは
 し易く、マル。

ガラクタ鑑定団小山総本店108.jpg
 レトロソフトコーナー
実にソフトな造り。
 細かいソフトも
丁寧にディスプレイ。

 
 ここはしっかりチェック
したいところ。

ガラクタ鑑定団小山総本店105.jpg
  近くの柱周りは
 こんな感じでビックリ。

  隙なく貼られた、
 いや貼られまくられた
 チラシがビッシリ!。


ガラクタ鑑定団小山総本店65.jpg
 静かに増殖中?
ミニ四駆サーキットも。
 その名も、
GARAKANミニ四駆
サーキット!。
 裏手がアダルト。


ガラクタ鑑定団小山総本店76.jpg
  最奥地はエアガン&
 プラモコーナー。

  落ち着き払った
 ムードで大人の趣味空間
 と言ったところ。

ガラクタ鑑定団小山総本店77.jpg
 プラモ関連も
シブめのお宝アイテム、
これがバッチリ存在。
 気付くとついつい?
手が伸びます(w。


ガラクタ鑑定団小山総本店78.jpg
  ガンプラも、モリモリ。
 コーナー後部からの眺め、
 これもなかなかオツ。

ガラクタ鑑定団小山総本店83.jpg
 いよいよ?来ました
お宝ショップの醍醐味、
これを感じるホビー
コーナー。

 ガラクタ鑑定団小山総本店
随一とも言える賑やかっぷり。

ガラクタ鑑定団小山総本店85.jpg
  ボリューム感、
 これもまずまず。
  今後の買取の進み具合、
 これも十二分にカバー可能な
 潤沢なキャパシティー。

ガラクタ鑑定団小山総本店68.jpg
 食玩系もキレイ目に
ディスプレイ。
 現在進行形の
お宝ショップの形

ソコにあります。

ガラクタ鑑定団小山総本店69.jpg
  ほのぼの感も
 絶妙なお得コーナーも
 ひょっこり存在。
  意外なところに
 待ち構えていたり・・・。
 これが楽しいところ。


ガラクタ鑑定団小山総本店70.jpg
 続くのが、古本コーナー。
のっけから言いようのない
存在感を見せつけるのが、
この人気セットマンガ
ランキングコーナー。

 とにかく目立ってます!。

ガラクタ鑑定団小山総本店80.jpg
  末広がりな
 コーナー導入部。
 ツカミはやっぱり
 人気コミックから。

ガラクタ鑑定団小山総本店72.jpg
 奥に見え隠れする
カラフルカラーな
古本コーナー什器群。
 ボリュームはもちろん、
ここにも面白い特徴が。


ガラクタ鑑定団小山総本店106.jpg
  上部の什器補強部
 それぞれに異なる
 フレーズ、これが
 これでもか!と思える
 程踊っていて・・・。

  ついつい読んでしまう事
 しきり(苦笑)。


ガラクタ鑑定団小山総本店75.jpg
 とにかくメッセージ性、
これが強くて強くて・・・。
 古本コーナーのさりげなくも
強烈なムード造りの一端を
担っていますね。


ガラクタ鑑定団小山総本店86.jpg
  トレカコーナー、
 意外に見かけない
 カラーリングな?
 オレンジ什器
 まぶしい。
  ムードにもマッチ。

ガラクタ鑑定団小山総本店97.jpg
 店内をチェック中、
何人かのスタッフの方々に
お声掛け頂き、しばし
お話しをさせて
頂きました。


ガラクタ鑑定団小山総本店73.jpg
  お忙しい中、貴重な
 情報交換のひととき、
 気にかけて頂き
 有り難うございました!。


ガラクタ鑑定団小山総本店2.jpg
 ガラクタ鑑定団小山総本店。
大人しめの予想を大きく覆す
随所に見られる特徴の数々、
唸らされました。



 ガラクタ鑑定団グループの総本店としての
今後の展開、そして異なるムード造りが面白い
アナザーチャンネル店としての期待!、
これがとにかく高まるばかりですね。


( チェック日 : 2015年7月 ) 




万代書店&鑑定団&倉庫の全国制覇を目指すブログの
トップページへ戻る






スポンサードリンク

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/426609057
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
 【 警告 】
 当ブログ(万代書店&鑑定団&倉庫の全国制覇を目指すブログ
  (http://mandaisoukokanteidan.seesaa.net/)内にて掲載されている
 全てのコンテンツ(文章、画像、その他の掲載している電子情報の全て)の
 無断転載、転用を禁止します。
 当ブログの全てのコンテンツは、日本の著作権法及び国際条約によって
 保護を受けています。
 Copyright 2007〜2014
 万代書店&鑑定団&倉庫の全国制覇を目指すブログ. All rights reserved.
  Never reproduce or replicate without written permission.