>>管理人 omemoの新お宝ショップギャラリーサイト!<<
300-100-A.png
>>管理人 omemoの渾身の新お宝ショップサイト!<<
otakarashopnavi-jp-351-100-S.gif
>>より手軽に!便利に!!お宝発見☆タカラモ!<<
bn_takaramo02.jpg
>>マンガ倉庫グループ総力徹底取材☆第三弾!<<
mangasoukoensei2016-2.png
PR



(福岡県)マンガ倉庫甘木店4

マンガ倉庫甘木店 まんがそうこあまぎてん
マンガ倉庫甘木店201602-13.jpg

↑   ↑   ↑

お店の詳細
(住所,営業時間等)は
上記データをご覧下さい。


*ブログ内の画像はクリックしますと拡大して見れます!!




【情報】


 マンガ倉庫甘木店は、2016年01月11日より

営業時間が10:00〜24:00に変更となる様です。

*早く来店希望の場合、09:00より入店可能!。


























マンガ倉庫甘木店さま、ご協力頂き誠に有難うございました!。

(2016.02/26 更新) 


*下記の記事はチェック当時の情報となります。



 マンガ倉庫甘木店・・・。
マンガ倉庫グループのカギを握る?
潟Vーエーエヌが運営する
福岡県朝倉市の老舗お宝ショップです。



 ちょうど1年前でのチェックの際には、
いつもながらの素晴らしいテイストを
堪能させて頂きましたが・・・、
若干駆け足のチェックになっていまい
後ろ髪引かれる感じとなりました。


 今回はより一層たっぷり堪能せねば!
と思い、遠征2店目として予定。
 これでバッチリ!・・・
とは行かず?前回、前々回チェックと
同様の時間帯にて、福岡県朝倉市
現地入り。

 やっぱり長崎県からの車移動は、
私 omemoの様なフォリナーには
なかなか厳しいモノがありました(大汗)。


 大分自動車道 甘木ICを降り
交差点を右折し、トコトコ進んで
行く事数分。
 特徴ある外観が徐々に
姿を表します。

マンガ倉庫甘木店201602-12.jpg
 一番隅に車を停め、
まずは1年ぶりの外観、
しかとチェックに
廻ります。

マンガ倉庫甘木店201602-14.jpg
  極端に変化した部分、
 これはほぼ見られず。
  この角度から見るのが
 やっぱり一番特徴を
 堪能出来るアングル。

マンガ倉庫甘木店201602-101.jpg
 実は最近少なめに
なりつつある様にも
思える大型立て看板。

 マンガ倉庫甘木店
今回も堂々たる設置。

 グリーン使いが
以前のマンガ倉庫グループ
のメインカラーという事も
あって?ちょっと
ノスタルジック。


マンガ倉庫甘木店201602-150.JPG 
  壁面に描かれた
 オリジナルキャラの
 ラッコちゃん。
  手前の柵もあって
 なんだかカワイく
 水族館っぽくみえたり?。

マンガ倉庫甘木店201602-3.jpg
 少し離れて
遠目からも
じっくりチェック。
 これも特徴のひとつ、
右肩上がりの「買」の文字。
 とにかく迫力満点。

マンガ倉庫甘木店201602-11.jpg
  ちょっと角度を
 変えてみますと、
 また違った趣きが。
  上部看板の突出した
 大きさ
を改めて確認。

マンガ倉庫甘木店201602-8.jpg
 この角度から見ますと
「買取・換金」のフレーズも
確認可能。
 一目でお宝ショップの
ソレ
と分かる力強い表記。

マンガ倉庫甘木店201602-6.jpg
  トイレの位置
 変わらず。
  周辺駐車具合と
 産廃コンテナの存在
 から若干分かりにくい
 可能性も・・・?。


マンガ倉庫甘木店201602-5.jpg
 この近くには
マンガ倉庫甘木店
スペシャル仕様の?
ハイエースも鎮座。
 まさに徹頭徹尾の
マンガ倉庫
と言えるもの。

マンガ倉庫甘木店201602-7.jpg
  以前ニコニコ生放送
 マンガ倉庫ちゃんねる
 ネタにされていた
 噂のイレギュラーカラーの
 ラッコちゃん。

  現地で見れて良かった!。

マンガ倉庫甘木店201602-103.jpg
 再び正面側に周りこみ、
前庭?ならぬ出入り口
周囲を入念にチェック。

 こちらもレアな 
常設たこ焼き店。
 その名も帝王。 
今回こそ食そう!と
息巻いておりましたが・・・。
またまた次回の楽しみへ。

マンガ倉庫甘木店201602-102.jpg
  こんな看板も
 他のマンガ倉庫グループでは
 ちょっと見られない、
 ラッコちゃんの立て看板。

  経年劣化でカワイさより
 なにか得も言えぬ
 お宝ショップらしく?
 風格すら漂いますね。


マンガ倉庫甘木店201602-15.jpg
 私 omemoの中では
マンガ倉庫グループの
重要なアイテムとも
位置付けている顔出し看板。
 ここ
マンガ倉庫甘木店
かなりツボなタイプ。


マンガ倉庫甘木店201602-18.jpg
  お店の外側の設置、
 そしてローアングルさが
 非常に見やすい店内案内図。
  凝りに凝って逆に見辛い!
 分かり辛いお宝ショップって
 実は意外に多いんですよね。


マンガ倉庫甘木店201602-17.jpg
 密閉型だった入り口
周囲がワイド化。
 立ち読み立ち寄り
大歓迎!
のフレーズを
眺めながら、入店を敢行!。。


↓    ↓    ↓

マンガ倉庫甘木店201602-24.jpg
  入店直後、思いっきり
 違いの分かる様相!。
  驚きつつ、責任者さま
 ご挨拶。
  変化が盛り沢山!
 店内をとくと拝見します。

マンガ倉庫甘木店201602-57.jpg
 マンガ倉庫甘木店は、
老舗ならではのテイストを
基本に、随所に明確な
テーマを感じさせる
お店と言えました。


マンガ倉庫甘木店201602-29.jpg
  カテゴリー配置
 それほど変更されて
 いませんが・・・。
  コーナー配置の大胆な
 変更が、以前より遙かに
 広さを感じさせるものに。


マンガ倉庫甘木店201602-99.jpg 
 出入り口スグの
レジ&買取処の位置は
そのまま。
 シンプルながら
インパクト抜群、大きな
大きなレジ買取表記
が。

マンガ倉庫甘木店201602-120.jpg 
  このレジ横には
 買取冊子を常設。
 
  その名も・・・、
 お宝鑑定タイムズ!。
  私 omemoに取りましては
 貴重な資料。
  一部頂きました。

マンガ倉庫甘木店201602-121.jpg
 このお宝鑑定タイムズは、
マンガ倉庫甘木店オンリーの
展開ではなく・・・、
マンガ倉庫グループ内の
マンガ倉庫大川店
マンガ倉庫八女店
マンガ倉庫箱崎店
4店での展開。

 取扱いカテゴリーの
アイコン表記も分かり易くてマル。

マンガ倉庫甘木店201602-114.jpg
  ひとつひとつ
 見て行きます。

  レジ横下部には
 駄菓子コーナー。

  駄菓子屋本舗海獺堂
 カラーは大きく打ち出されず、
 ちょっと意外。

  改装中だったのかも?。

マンガ倉庫甘木店201602-23.jpg
 レジ&買取処
向かいはアミューズ。
 手前にあった太鼓の
達人は、コーナー中程に
移動。
 クレーンゲーム
筐体がシブい・・・。

マンガ倉庫甘木店201602-26.jpg
  以前はスポーツ用品との
 融合性も見られた古着
 アパレルコーナー。
  密林の様な様相が一変。
 末広がり的なアクセントを
 感じるものへ。


マンガ倉庫甘木店201602-27.jpg
 タグプレートも
大きめでイエロー。
 どの角度から見ましても
アイテム名、気になる
プライスが丸わかり。
ストレスを感じません。


マンガ倉庫甘木店201602-28.jpg
  見通しがよくなった。
 気になる商品ボリュームは?
 ・・・と言うと、これは
 まるで問題なし。

マンガ倉庫甘木店201602-31.jpg
 特に様変わりしたのは
スニーカー、そして
アクセ&ウォッチ周辺。
 コーナーの厚みが
ひと目で増している事が
分かります。


マンガ倉庫甘木店201602-30.jpg 
  黒い什器がうまく
 仕切り壁として機能。
  ガラっと様変わり
 する事によって、より
 集中してチェックが
 出来る環境に。


マンガ倉庫甘木店201602-39.jpg
 奥に進みますと、
ファッション小物系、
これも元気!。
 よりシンプルさが
増したタグ、これが
やっぱりポイント。

マンガ倉庫甘木店201602-32.jpg
  個性的な什器が
 乱舞する?スニーカー
 コーナー
を眺めつつ
 更に進むと、だんだん
 レディースコーナーに。

マンガ倉庫甘木店201602-33.jpg
 こちらも一際明るく、
そしてガーリーに。
 周囲の装飾も
チラシ周辺でお得さを
猛アピール中。


マンガ倉庫甘木店201602-40.jpg
  思わず惹かれたのが
 このディスプレイ。
  大胆に壁高所に
 バックを配置とは!。

  私 omemoの好きな
 香ばしさ・・・(苦笑)。

マンガ倉庫甘木店201602-44.jpg
 向かい、そして
出入り口から続くのが
ゲーム関連、そして
メディア関連。
 通路が随分広くなり
非常に快適。 

マンガ倉庫甘木店201602-25.jpg
  らしさを残し、
 より快適さを追求。
  出入り口付近から
 見渡せますゲーム関連は
 ランキングを強調。
  地域最安値も頼もしい!。


マンガ倉庫甘木店201602-41.jpg
 特にチェックに
勤しみたいのが
レトロゲーム関連。
 予想通りの充実ぶり。
ガサガサ楽しめます。

マンガ倉庫甘木店201602-118.jpg
  ショーケース
 このアツアツっぷり。

  ぬくもりを感じさせる
 ウッド調の材質も手伝ってか、
 レトロゲームの魅力が
 より増している様にも?。

マンガ倉庫甘木店201602-119.jpg
 ふと見かけた
買い物カゴ。

 なんと・・・!
マンガ倉庫のロゴではなく、
他業種店のロゴが(汗)。

もしかして、
これも売り物?。

マンガ倉庫甘木店201602-42.jpg
  以前は少し寂しい感じ
 でした釣り具関連は、
 独立コーナーに変化。
  楽器コーナーへと
 スパっとチェック可能に。


マンガ倉庫甘木店201602-46.jpg
 メディア関連、
ここも大きく変化。
 迷路状に近かった
導入部
が開け、より
コーナーに進み易く。

マンガ倉庫甘木店201602-47.jpg
  細かなアイテムへの
 扱いも様変わり。
  レコード関連
 最大限の利点でもある
 ジャケットデザイン、
 これを大きく強調。 

マンガ倉庫甘木店201602-48.jpg
 それに付随して、
コンパクトレコード
プレーヤー
も販売。
 背中をそっと押して
くれますアイテム、
こういうのがイイんです。


マンガ倉庫甘木店201602-49.jpg
  古本コミック関連
 今回も明確な主張を
 感じる造り。
  イチオシ作品や
 ジャンル選定
に拘りを
 感じずにはおれません。

マンガ倉庫甘木店201602-110.jpg
 奥に進みますと、
そのDEEPな拘りは
益々増長の一途?。

 ありそうでなかった
アクションチョイス、
アウトロー作品押し!。
 なにやら・・・
全米が泣きそうです(謎)。


マンガ倉庫甘木店201602-50.jpg
  セットコミック
 この迫力。
  例えるならば・・・
 ちょっとした神殿の
 様にも
感じたり?。

マンガ倉庫甘木店201602-79.jpg
 変化の波は、
ホビーコーナーにも。
 まさにガラリと
様相がチェンジ。
 あたりの柔らかさ
感じる造りに。

マンガ倉庫甘木店201602-77.jpg
  増強された感を
 ヒシヒシ感じるのは
 ショーケース周辺。
  各所で強力なアイテム
 ゴロゴロつぶ揃い。

マンガ倉庫甘木店201602-55.jpg
 その中でも
相当強めなのが、
仮面ライダー関連。
 メイン通路を跨ぐ
形で大幅拡大増強中。


マンガ倉庫甘木店201602-111.jpg
  香ばしいテイスト
 ホビーコーナーでも
 局地的にしっかり継続。

  やっぱりこういう
 光景がありませんとね。

  いつまでも失わないで
 欲しいところです。


マンガ倉庫甘木店201602-73.jpg
 ホビーコーナー
のみならず、店内の
ショーケースには、
必ずと言ってイイ程
設置されていたモノ、
それがフォトフレーム。


マンガ倉庫甘木店201602-78.jpg
  それぞれの
 ショーケースに
 見合った内容の
 インフォメーションが
 適度に切り替わる為、
 自ずと目に留まります。


マンガ倉庫甘木店201602-60.jpg
 ホビーコーナー
続く形のトレカコーナー。
 こちらはスペース間に
余裕が出来ましたが、
全体的に大きく変わらず。

マンガ倉庫甘木店201602-64.jpg
  若干の移動を経て
 大幅拡張された
 一般リサイクルコーナー。
  のっけから穴場的
 ムードがムンムン。
  お酒の扱いも確認。


マンガ倉庫甘木店201602-68.jpg
 前回チェック時に
感じた、年配お客層の
手に取り辛さ、
商品確認し辛さ、
これが見事に解消。


マンガ倉庫甘木店201602-66.jpg
  考えられた配置、
 そして大きくはっきりした
 プライスタグが全ての
 商品に設置されていました。

マンガ倉庫甘木店201602-65.jpg
 ここには
アダルトコーナー
入り口もあり。
 なにか周囲との
同化っぷりも
ちょっと面白かったり。

マンガ倉庫甘木店201602-104.jpg
  マンガ倉庫甘木店
 これも大きな特徴、
 と言いますか・・・。

  もはや私 omemoの中では
 名物?とも評するに値するのが、
 この模造刀&エアガンコーナー。

  今回、更なる進化を遂げ、
 その名も武器屋に!!。

マンガ倉庫甘木店201602-62.jpg
 特筆すべきは、
その上部の装飾。
 武器屋のネーミング
と共に和洋折衷のアイテムが
入り乱れて設置。
 なんでもアリ感がスゴい。


80マンガ倉庫甘木店201602-98.jpg
  勇気を出して
 一歩足進めてみますと、
 ライトアップされた
 模造刀が。独特な
 美しさすら覚えます。


80マンガ倉庫甘木店201602-97.jpg
 コーナー通路
イイ感じに狭めな為、
正面からの画像撮影が
厳しく、別方向より。
 周囲をちょっと彩る
紅葉アイテム、これもイイ。

マンガ倉庫甘木店201602-113.jpg
  お店の奥側より
 武器屋を見ますと、
 こんな様相。
 
  落ち着いた掛け軸
 ここにひとつ。
 
  これがあるだけで、
 その場のムードがキュっと
 引き締まっている様に
 感じました。


マンガ倉庫甘木店201602-69.jpg
 向い側はエアガン&
ミリタリー。

 打って変わって
こちらはグリーンの
ライトアップ。模造刀との
コントラスト
が最高。

80マンガ倉庫甘木店201602-88.jpg
  今回も夢の様な
 ひととき
を体感完了。
  メリハリのついた
 お店造りは、自然に
 眠っていた情動を
 突き動かしてくれる様です。


マンガ倉庫甘木店201602-2.jpg
 マンガ倉庫甘木店。
思い切った店内の
大幅リニューアル、
そして想像を遥かに
超えた造り込み、
これには今回も唸りました。


 
 快適ですが没個性傾向のお宝ショップが
増えていく中、ゆるぎない強みを持つお店は
本当に貴重この上ありません。

 次回もたっぷり驚かせて頂きたいところです!。

( チェック日 : 2016年02月 ) 



マンガ倉庫甘木店の過去の記事をあわせて読む!。


↓    ↓    ↓









万代書店&鑑定団&倉庫の全国制覇を目指すブログの
トップページへ戻る

 

人気blogランキングへ
くつろぐブログランキングへ




スポンサードリンク

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/434009788
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
 【 警告 】
 当ブログ(万代書店&鑑定団&倉庫の全国制覇を目指すブログ
  (http://mandaisoukokanteidan.seesaa.net/)内にて掲載されている
 全てのコンテンツ(文章、画像、その他の掲載している電子情報の全て)の
 無断転載、転用を禁止します。
 当ブログの全てのコンテンツは、日本の著作権法及び国際条約によって
 保護を受けています。
 Copyright 2007〜2014
 万代書店&鑑定団&倉庫の全国制覇を目指すブログ. All rights reserved.
  Never reproduce or replicate without written permission.