>>管理人 omemoの新お宝ショップギャラリーサイト!<<
300-100-A.png
>>管理人 omemoの渾身の新お宝ショップサイト!<<
otakarashopnavi-jp-351-100-S.gif
>>より手軽に!便利に!!お宝発見☆タカラモ!<<
bn_takaramo02.jpg
>>マンガ倉庫グループ総力徹底取材☆第三弾!<<
mangasoukoensei2016-2.png
PR



(愛知県)お宝市番館尾張小牧店

お宝市番館尾張小牧店 
おたからいちばんかんおわりこまきてん
otakaraichibankanowarikomakiten201706-001.jpg
 <基本データー>
 店名:お宝市番館尾張小牧店   
 住所:愛知県県小牧市
     堀の内3丁目24       
 TEL :0120-651-511
 営業時間:09:30〜24:30       
 Pスペース:200台程?


→ お宝市番館尾張小牧店 詳細マップ ←

*ブログ内の画像はクリックしますと拡大して見れます!。













































お宝市番館尾張小牧店さま、ご協力頂き誠に有難うございました!。

(2017.08/10 更新) 



 お宝市番館尾張小牧店・・・。
西日本メインにお宝市番館ブランドで
展開している、
お宝市番館グループ
お宝ショップです。



 以前までは、東方面の上限店として
お宝市番館三重本店が位置し、
本店としての堂々たる存在を見せていました。


 2016年10月29日に新規オープンしたこの新店、
出来た地域がなんと、愛知県!。



 愛知県と言えば、言わずと知れた
お宝ショップの最激戦地
 地場グループであります買取王国
お宝創庫という2大グループが
しのぎを削っている特殊地域でもあります。


 今までありそうで、あり得なかった?
この愛知県への他グループの進出、
しかもお宝市番館グループとは・・・?。



 そういった意味で?
新規オープン当初より気になる存在と言えました。


 今回ようやく機会到来。
満を喫して、愛知県小牧市へ!。


 場所は電車ですと、名鉄小牧線 小牧駅より徒歩20分程、
車ですと、東名・名神自動車道 小牧ICより10分程です。


 ここから弥生町交差点より
県道197号線へ入って、進む事暫く・・・。
 小牧市役所、そしてアピタ小牧店
右手に確認出来ます。

otakaraichibankanowarikomakiten201706-017.jpg 
 お店はちょっと
奥まった場所に存在。
 アピタ小牧店が目安。
県道197号線沿いには
看板がないので注意が必要。


otakaraichibankanowarikomakiten201706-018.jpg
  このアピタ小牧店
 お隣にお店は位置。
  最先端のお宝市番館
 カラー
とも言えます
 レッド・ブラックな
 外観ですので、スグ分かります。

otakaraichibankanowarikomakiten201706-006.jpg
 そのまま進んで
お宝市番館尾張小牧店
正面駐車場に車を停め、
まずはちょっと特殊な
周辺状況からチェックへ。

otakaraichibankanowarikomakiten201706-013.jpg
  先程の県道197号線沿い、
 小牧山口という交差点。
  ここはその名の通り
 小牧城を取り巻く公園
 次回はこちらも散策したい
 ところ・・・。

otakaraichibankanowarikomakiten201706-012.jpg
 ここにはバス停もアリ。
名鉄バスをはじめ、各種
バス路線が乗り入れ。
小牧市役所前という
バス停の為、バスでの
現地入りも、モチロン便利。

otakaraichibankanowarikomakiten201706-019.jpg
  この交差点を曲がり、
 ひとつ建物をおいて
 スグ左手にも駐車場が。
  こちらは近隣店との
 共有タイプ

  中2階程の高さで存在。

otakaraichibankanowarikomakiten201706-022.jpg
 アピタ小牧店
ミニ出入り口。
 横断歩道を挟んで
お宝市番館尾張小牧店
出入り口も存在。
 古着コーナーへ直結。

otakaraichibankanowarikomakiten201706-024.jpg
  そのまま進むと
 左手に柵越しに
 お店前駐車場が確認。
  ここにもしっかり?
 ウリタくんを活かした
 ノボリ、そして看板が多数。

otakaraichibankanowarikomakiten201706-025.jpg
 再びお店正面へ。
お宝ショップ全般的な
赤茶系カラーリングではなく、
赤塗り+黒の差し色。
 噂に聞いたお宝市番館的
スタンダードカラー。


otakaraichibankanowarikomakiten201706-005.jpg
  正面右手側より
 屋上駐車場へ。
  スロープも緩やかで
 比較的に広め。
  高さ制限アリ。
 大きく問題ナシかと。

otakaraichibankanowarikomakiten201706-196.jpg
 屋上駐車場
こんな感じ。
 車止めも要所のみ。
キャパもあり駐車は
かなりし易い状況。
 利用は23:00まで。

otakaraichibankanowarikomakiten201706-004.jpg
  入店前より
 レアモノならぬ?
 レアカー発見!?
  ド派手に決められた
 お宝市番館尾張小牧店が。
 これは注目度バツグン!。

otakaraichibankanowarikomakiten201706-031.jpg
 出入り口が多い。
これも大きな特徴。
 右手側がホビーコーナー、
左手側が買取処へ直結に。
 どちらもウリタくんが
賑やかに踊っています。

 
otakaraichibankanowarikomakiten201706-210.jpg
  ワンポイントで
 オリジナルキャラを
 配置しているお宝ショップ。

  これはよく見かけます。
 ここまでビシバシ見かける
 お店って・・・、
 まずありません。


otakaraichibankanowarikomakiten201706-209.jpg
 しかも、このウリタくん、
シチュエーションごとの
描写がとにかく多岐。
 本当にこれはスゴい!。

 様々なVer.を眺めるだけで
非常に楽しい!。
 後ろ姿まで、ぬかりナシ?。
この頼もしい背中!?。


otakaraichibankanowarikomakiten201706-029.jpg
  こちらは買取処直結
 出入り口
の外観。
  実は買取処の造りと
 その周辺はお客さんが
 多すぎて撮影を断念(汗)。
 気になる貴方は、直接現地へ。

otakaraichibankanowarikomakiten201706-027.jpg
 立て看板関連
ちょっと控えめに存在。
 しかし、ポイントを
キッチリ押さえた造りに。
 特に右の求人看板
これは秀逸。

otakaraichibankanowarikomakiten201706-026.jpg
  上部看板の光景。
 ナナメ2段構えの
 買います看板と
 堂々たる店名表記。
 小牧基地から飛び立つ
 軍用機もワンポイント?。


otakaraichibankanowarikomakiten201706-033.jpg
 お客さんの流れも
考慮しつつ・・・、
混み合う買取処出入り口
パスし、ホビーコーナー
直結出入り口
より
いよいよ店内へ!。



↓    ↓    ↓


otakaraichibankanowarikomakiten201706-203.jpg
  入店後、まずは
 買取処付近まで移動し、
 店長さまをはじめ、
 各部門のスタッフの皆さま
 ご挨拶。
  温かくお迎え頂きました。

otakaraichibankanowarikomakiten201706-200.jpg
 各所独特な
賑わい
、そして
ムードを漂わせる
お店の各所、順を追って
チェックを開始!。

otakaraichibankanowarikomakiten201706-202.jpg
  お宝市番館尾張小牧店は、
 お宝ショップでは、珍しい
 徹底したブランディング。
  各所の独創的な造りが
 目を引く店内と言えました。


otakaraichibankanowarikomakiten201706-190.jpg
 売り場は1Fワンフロア。
出入り口も屋上部を含め、
なんと4箇所、レジ+買取
サービスカウンターも
6箇所存在と、利便性の
高さも感じられます。


otakaraichibankanowarikomakiten201706-205.jpg
  残念ながら撮影は
 相成りませんでしたが、
 買取処付近の造りは必見。
  中央レジも明るく開放的。
 驚く事に、土地柄か
 外国人スタッフさまも奮闘中!。


otakaraichibankanowarikomakiten201706-035.jpg
 右側のカテゴリーより
見て行きます。
 まずはホビーコーナー
出入り口通過から、
間髪入れずに、この様相。
瞬時にワールドへダイブ可能。

otakaraichibankanowarikomakiten201706-039.jpg
  適度にうねる
 メイン通路。
  そこから枝葉の如く?
 広がる各コーナー群。
  ショーケース多様も
 非常に効果的。


otakaraichibankanowarikomakiten201706-052.jpg
 イイ意味での
お宝ショップらしさ
これはしっかり存在。
 どこからとも襲いかかる?
夥しいお宝アイテムの数々。

otakaraichibankanowarikomakiten201706-055.jpg
  ランダム感
 とにかく絶妙の一言。
  ボリューム感
 まるで問題ナシ。

otakaraichibankanowarikomakiten201706-045.jpg
 中でもやっぱり
猛威を振るうのは
ライトアップされた
一連のショーケース
 ブルーライトの多用で
他店以上に目立つ様にも。

otakaraichibankanowarikomakiten201706-037.jpg
  メイン通路側では
 殊更アオリ系ポップ
 威力を発揮中。
  イイ感じのオーラ
 醸しだしています。

otakaraichibankanowarikomakiten201706-049.jpg
 チラリ見られる
オタイチテイスト
 ファンシーな感じで
思わずホッコリ?
ぬいぐるみコーナー

otakaraichibankanowarikomakiten201706-061.jpg
  プラレール
 ミニカーも潤沢に
 ラインナップ。
  雑多に扱われガチな
 アイテムもキッチリ整備。
 きめ細かさが伺い知れます。


otakaraichibankanowarikomakiten201706-069.jpg 
 ワサワサとした
お宝アイテム
その存在感を遺憾なく
発揮。脇役に徹する事の
多いアイテムなだけに、
ここは嬉しいところ。

otakaraichibankanowarikomakiten201706-068.jpg
  かなり気に入ったのは
 こんなセット。
  戦隊ものフルコンプ
 これは嬉しいところ。
 まさに心理を突いた
 オススメセットなのかと。

otakaraichibankanowarikomakiten201706-063.jpg
 ちなみにトイレは
ホビーコーナーの
ホワイトショーケースの
角部分。
 清潔感はモチロン、
多目的トイレスペースも完備。


otakaraichibankanowarikomakiten201706-090.jpg 
  ゲームソフト・
 ハードコーナー

 お店中央部付近に位置。
  上部の什器を連結する
 補強材のデザインが
 アーバンさ漂う様にも?。


otakaraichibankanowarikomakiten201706-091.jpg
 とにかくその
ボリューム
たるや、
ものスゴい!。
 コーナー内部に
進めば、その様相
オドロキを禁じ得ません。

otakaraichibankanowarikomakiten201706-094.jpg
  ハード関連
 通路両側でズラリ。
  物語の主人公に
 なるには、ここで
 ゲットして行きたい
 ところ?

otakaraichibankanowarikomakiten201706-095.jpg
 レトロソフトは
どこかホンワカムード。
 そうそう、思わず頷く?
フレーズもチラリ。
 ガ然購買意欲を
掻き立てられます。


otakaraichibankanowarikomakiten201706-096.jpg
  面白い点は
 中段〜下部の陳列方法。
 引き出しタイプ+
 五十音別に!。
  これは意外かつ斬新。
 とにかく探し易い!!。


otakaraichibankanowarikomakiten201706-092.jpg
 ここもウマイ!?、
宝箱式特価品コーナー
 宝箱のフタを
明けてみますと・・・?。

otakaraichibankanowarikomakiten201706-093.jpg
  中には金銀財宝!な
 特価品がザックザク。
  そして裏ブタには
 粋なフレーズが!。
  この遊び心に感服。

otakaraichibankanowarikomakiten201706-187.jpg
 トレカコーナー
こちらもちょっと
珍しい造り。
 目立つ位置に深めの
ショーケース
を配置。
これは目を引きます。

otakaraichibankanowarikomakiten201706-183.jpg
  ショーケースが
 両脇を固め、潤沢な
 商品ボリュームが
 即お出迎え。
  美しさすら感じる
 その整備ぶり。


otakaraichibankanowarikomakiten201706-184.jpg
 ずらり並ぶ均一価格、
そして丁寧な装飾に
裏打ちされたコーナー
の一角。
 ソフトな印象が
良心的なイメージ。


otakaraichibankanowarikomakiten201706-186.jpg
  そんな形でしたので、
 トレカプレイスペース
 まれに見る爽やかっぷり。
  楽しむお客さんが多く、
 画像はサワリのみ。

otakaraichibankanowarikomakiten201706-111.jpg
 メディアコーナー
ギラギラ感は少なめ。
 メイン通路側は
より開放感が強調。

otakaraichibankanowarikomakiten201706-099.jpg
  奥に進むに連れ、
 その巧みな什器配置
 段々と迷路を進む様な
 錯覚に・・・?。
  この心地よい圧迫感

otakaraichibankanowarikomakiten201706-102.jpg
 ゲートタイプ
ショーケース導入部も
あれど、これはごく一部。
 あくまで各ジャンルの
お宝アイテムがメインに。

otakaraichibankanowarikomakiten201706-082.jpg
  駄菓子コーナーは
 レトロさ・・・と言うより
 エキゾチックな様相?。
  これはちょっと面白い。
 シンプルな看板には¥だがし、
 そしてウリタくんマークが!。


otakaraichibankanowarikomakiten201706-101.jpg
 お宝ショップでは
出入り口付近での
展開が多い中、ここ
お宝市番館尾張小牧店
アミューズコーナー
店内右中腹部より展開。

otakaraichibankanowarikomakiten201706-084.jpg
  非ギミック系
 キャッチャー
がメイン。
  大手専業ゲームセンターに
 ヒケを取らない筐体数。


otakaraichibankanowarikomakiten201706-083.jpg
 モチロンここでも
ウリタくんが所々で
微笑ましく登場。
 表情豊かな点
またイイところですよね。

otakaraichibankanowarikomakiten201706-107.jpg
  カテゴリー配置に
 大きな狙いを感じずには
 おれないのが、この辺り。
  乙女コーナーから
 アイドルコーナーの流れ。
 ムードは特濃テイスト?。


otakaraichibankanowarikomakiten201706-113.jpg
 アイドルコーナーは
男女カテゴリーを
ハッキリと差別化。
 更にライトアップも
功を奏して、ムードアップ
具合が、もの凄い!。


otakaraichibankanowarikomakiten201706-137.jpg
  お店の一番奥部分。
 ここは古本コミック関連
  極端な袋小路部もなく、
 見通しの良い形。
  快適なチェックが可能。
 防犯上からもイイのかと。

otakaraichibankanowarikomakiten201706-118.jpg
 装飾は少なめ
什器頭上の表示と
チラシが少量と
言ったところ。
 かなり落ち着いています。

otakaraichibankanowarikomakiten201706-120.jpg
  そして何より?
 ここがスゴい!!。
  狙った形で存在する
 休憩スペース。
  造りはお宝ショップ屈指の
 快適具合とも?。


otakaraichibankanowarikomakiten201706-121.jpg
 すぐ近くには幅広い
ジャンルの冊子関連。
更にはウォーターサーバー
までもあるとは!。
 居心地の良さを完全追求。
席数が多ければ、尚ヨシ。

otakaraichibankanowarikomakiten201706-125.jpg 
  そのすぐ目の前、
 チェッカー柄の床が
 目立つ部分は特価衣料品
 関連のコーナー

  一般層向けのせいか?
 価格明示の装飾のみの展開。

otakaraichibankanowarikomakiten201706-126.jpg
 価格表示はシンプル。
3種類のタグのカラー
識別する流れ。
 全般的に良好状態の
アイテム
が主流。
これは嬉しいところ。

otakaraichibankanowarikomakiten201706-129.jpg
  一般リサイクル・
 家電系
もここには
 多数鎮座。
  白モノ家電も箱のまま
 幅広く取り扱い中。

otakaraichibankanowarikomakiten201706-135.jpg
 続くアウトドア・
スポーツコーナー

 大物アイテムも
存在感を発揮中。
海山問わずOK・・・?。
 
otakaraichibankanowarikomakiten201706-136.jpg
  釣具コーナー
 近隣コーナーに
 溶け込む形で存在。
  ちょっとこれも意外。
 ソフトなムード
 丁寧な造りが光ります。

otakaraichibankanowarikomakiten201706-141.jpg
 細かなルアー関連
ビッシリかつ整然と配置。
 駄菓子コーナーでも
見かけた藁葺き屋根装飾
・・・なんかイイ感じです。

otakaraichibankanowarikomakiten201706-140.jpg
  デジタル家電コーナー
 ここのツカミもコレ。
  前面の大型TV群の迫力、
 そこから続くショーケースの
 配置が素晴らしい限り。
 上部装飾には当然ウリタくん

otakaraichibankanowarikomakiten201706-144.jpg
 最新デジタル家電
潤沢にラインナップ。
 しかし、時代を彩った
レトロ家電系もアツアツ。
記憶を揺さぶられる
アイテムがチラホラ。

otakaraichibankanowarikomakiten201706-150.jpg
  お隣は楽器コーナー
 シブいビンテージ感漂う
 大型ショーケース

 堂々鎮座。
  ケース内にはイチオシ
 ギターがゆったり展示中。

otakaraichibankanowarikomakiten201706-146.jpg
 ショーケース横の
この造り、息を呑みます。
 相性抜群とも言える
レコード関連も配置。
 脇役感がない造りが
また絶妙かと。

otakaraichibankanowarikomakiten201706-147.jpg
  雑多な扱いが多い
 レコード関連も
 キチンと分類済み。
  レコードジャケットの
 ディスプレイがあれば
 ツヤが出て、なおヨシ!?。


otakaraichibankanowarikomakiten201706-154.jpg
 ここから進むと
いよいよアパレル関連
カテゴリー
に。
 まずはブランドコーナー
驚くべきは、この造り、
そして佇まい。

otakaraichibankanowarikomakiten201706-151.jpg
  大半のカテゴリーは
 オープンな展開なのに対し、
 ここブランドコーナーは
 クローズド。黒光りする外観、
 ライトアップショーケースが
 言いようのない凄みすら?。


otakaraichibankanowarikomakiten201706-174.jpg
 コーナー内部に進んで
あっとオドロキ。
外観とは打って変わって
オールホワイト仕様!。
 この眩しいまでの高級感、
これはホントにスゴい。


otakaraichibankanowarikomakiten201706-175.jpg
  上品かつ煌びやかな
 ショーケース群。
  もはやお宝ショップの
 通常領域を超えていますね。
  専門スタッフの方も
 諸対応は高レベル!!。


otakaraichibankanowarikomakiten201706-177.jpg
 続くウォッチコーナー
元に戻ってオープンタイプ。
しかしブランドコーナーから
続くムードレベルは
ジャストキープ。

otakaraichibankanowarikomakiten201706-189.jpg
  メイン通路を挟んでの
 古着アパレル関連
  専用レジは、先程
 店外で確認しました
 アピタ小牧店側。
  広くて明るいイメージ。
 
otakaraichibankanowarikomakiten201706-188.jpg
 極端なカラー付けは
行われず、軽やかな
ムード
が全体に広がる
メンズ古着アパレルコーナー

otakaraichibankanowarikomakiten201706-178.jpg
  見通しも良く、
 自然な流れで各所
 見て廻れる造り。
  お宝ショップではレア?
 いわゆる品の良さを
 感じてしまったり?。

otakaraichibankanowarikomakiten201706-172.jpg
 そんな流れを汲んで?
レディースアパレル
いわゆる?ふんわりムード。
 自然なディスプレイが
とにかく心地イイ感じに。

otakaraichibankanowarikomakiten201706-164.jpg
  高所ディスプレイも
 少なめに。
  女性の手が届く範囲で
 各種お宝アイテムが
 待ち受けている形。
 目線が分かっていますよね。


otakaraichibankanowarikomakiten201706-159.jpg
 融合している事の多い
ファッションアイテム。
 お宝市番館尾張小牧店では
独立ブースの体を成す形。
統一感あるアーバンな造り、
そしてシンプルにアイテム名。

otakaraichibankanowarikomakiten201706-155.jpg
  スニーカーコーナー
 ここでもシンプルに
 FOOT WEARとは!。
  こんなネーミングが
 似合う?オシャレな造り。

otakaraichibankanowarikomakiten201706-170.jpg
 アクセコーナー
カチっとシンプルに。
 ブランドコーナー
同じく、より高級感を
醸しだしています。

otakaraichibankanowarikomakiten201706-170.jpg
  これは珍しい?
 サイフコーナー
  ウォレット表記で
 ラインナップも充実。

otakaraichibankanowarikomakiten201706-080.jpg
 どのカテゴリーでも
多くみられた工夫、
それは買い物カゴ。
 カテゴリーごとに
カゴのカラーが異なり、
カテゴリー名が設置。


otakaraichibankanowarikomakiten201706-036.jpg
  そしてこのカゴ、
 底面にはラミネート
 された店内マップ
 入っているんです!。
  こういう点は、
 とにかくグッド!。


otakaraichibankanowarikomakiten201706-193.jpg
 随分対応するお店も
増えてきた、ギフト
ラッピング

 こちらでは、一歩上行く
サイズごとでもOK
その一手間が、嬉しいところ。

otakaraichibankanowarikomakiten201706-204.jpg
  特筆すべき点は、
 まだまだあります。
  屋上から売り場フロアに
 通じる階段EV部。
  ここの装飾は必見!。


otakaraichibankanowarikomakiten201706-227.jpg
 そこには何と!
様々なデザインの
ウリタくんが生き生きと
描かれていました。
 これぞお宝ショップ的
アートな空間。


otakaraichibankanowarikomakiten201706-226.jpg
  いやはや・・・、
 ウリタくんという
 キャラをここまで
 活かしきる!
 デザインされた方を
 尊敬してしまいますね!。


otakaraichibankanowarikomakiten201706-500.jpg
 チェック完了後、
短い時間でしたが
スタッフの皆さま
意見交換もさせて
頂きました。
 
 次回はもっと余裕を
持ってお伺いしなくては!
と反省仕切り(苦笑)。


otakaraichibankanowarikomakiten201706-228.jpg
  そしてついにゲット!。
 噂のイベント使用中でした
 ウリタくんぬり絵フォーム

  またひとつ、私 omemoの
 お宝コレクションが増え
 一人悦に入る事、しばし。
  ご提供有り難うございました。

otakaraichibankanowarikomakiten201706-002.jpg 
 お宝市番館尾張小牧店
驚くべき特徴の数々、
ウリタくん乱舞の楽しさ。
 そしてお宝ショップの
新たなる可能性を感じる
お店と言えました。



 特殊な地域とも言えます愛知〜岐阜県地域
紛れもなく面白い存在のお宝ショップですね。
 また良店をひとつ知る事が出来、嬉しい限りでありました。

( チェック日 : 2017.06月 ) 



万代書店&鑑定団&倉庫の全国制覇を目指すブログの
トップページへ戻る




人気blogランキングへ
くつろぐブログランキングへ





スポンサードリンク

この記事へのコメント

初日に行って参りました。
開店前にはTVCMも流されており、結構行列も出来ていて、オープンと同時に開店祝いの花が寄ってたかって持ち去られておりましたw(名古屋近辺の風習です)

規模は中程度でしょうか。小型店が多数存在する愛知県内では大きい部類ですが、全国?基準としてはさほど大きくはないといいますか、同チェーンの三重店と比べればかなりコンパクトな感じです。

品揃えや価格はオープン直後ということもあってか標準的な感じで、店ごとの個性に関してはこれからに期待ですね。


Posted by みみつき at 2016年10月31日 04:54


みみつきさま

 お宝市番館尾張小牧店の超速レポ、
誠に有り難うございました!。

 開店祝いのお花持ち去り・・・。
ある意味地域ならではの光景、
これはちょっと見たかったですね(苦笑)。

 なるほど、中規模店クラスなのですね。
おっしゃる通り、小型店がメインの
愛知県地域では目立つのかもしれませんね。

 今後のボリュームアップや
テイストの追加は、見所のひとつと言えますね。

 私も早くチェックに行きたいところです。

Posted by omemo at 2016年10月31日 07:35


11月19日に行きました。結論から言うと「おた市、恐るべし」愛知県は「買取王国」「お宝倉庫」の中規模店が主なので、この店は愛知県で1番大きいですね。以前はスーパーマーケットでした。それをそのまま使っているので、駐車場は屋上にもあり、キャパは十分過ぎます。私が集めている1/64のミニカーの価格は「買取王国」と比べ2/3から場合によっては半額でした。もちろん、レアものはそれなりの値はついていますが。岐阜の「王の洞窟」がオープンした時は商品が少なかったのを覚えていますが、この店はオープン1月足らずで「よくぞここまで」と言えるでしょう。今後が期待できます。その音痴が故意か実力か分からない従業員の歌う「おた市テーマ曲」もいい味を出しています。
ここで恒例のレポートです
「どこでもいっしょ」グッズはどこに行けばあるのでしょう?昔はカゴで買っていたのに。今ではお目にかかる事すら珍しく、あっても既に持っていたり。商品、プライズ品ともに沢山の種類があるはずですが。そのほとんどが家にあるという事でしょうか。確かにギャラリーができるくらいの数はありますが(笑)今回はセカンド・ストリートやオフハウス等も見境なく探しました。
19日は岐阜での法事を終え、小牧のおた市と買取王国とオフハウスへ。買取はもっと頑張らないとおた市に喰われてしまいます。一宮の買取はソフト類が無くなって玩具系が増えました。かみさんはこの旅で唯一、ぬいぐるみをゲットしました。私はミニカー1個です。一宮と尾西のホビーオフを巡りホテルにチェックインしてこの日のお宝巡りは終了です。この後、電車で名古屋市へ鈴木雅之さんのライブを見に行きました。翌日は長浜市の海洋堂ギャラリーを見てセカンドストリート、オフハウスから米原の開放倉庫へ。レジ前にカード対戦スペースがあり、カード類は増えていました。越前の中古市場は変わらず。福井のホビーオフから浪漫遊へ。ホビーオフではミニカー2個ゲット。レアものなのに「おた市」の半額でした。福井北のオフハウスで今回の旅は終了です。この1年あまりで東海3県、北陸3県、滋賀、山梨、静岡と長野県の一部を回りましたが、ゲットした物が少なかったですね。来年は群馬を回ろうと思います
Posted by こーちゃん at 2016年11月21日 23:11


こーちゃんさま

 お宝市番館尾張小牧店のレポ、
そして遠征のレポ、誠に有難うございました!。
 楽しく拝見させて頂きました。

 私も予想はしておりましたが、規模、商品ボリューム、
そして手法も既存の周辺お宝ショップとは
まるで異なると思いますので、一石を投じる存在となりそうですよね。

 お宝ショップファンも納得の様相、
「おた市テーマ曲」。
 とにかく耳に残る、記憶に残る事、
これが1番かと思います。

 私も益々早く行ってみたくなりました!。

 
 愛知地域を随分と廻られましたね!。
お目当てのものを苦労の末ゲット出来る瞬間。
 これは何物にも代えられない喜びですよね。

 お店ごとの展開具合を見るのも楽しいところかと。

 次は群馬ですか!。
あちらには、恐らく現在お宝ショップ最大級とも
思えますガラクタ鑑定団スーパーモールカンケンプラザ店もありますし、
香ばしくてアツいお宝ショップ巡りが出来るかと思いますよ。

 またのレポ、お待ちしております!。


Posted by omemo at 2016年11月23日 13:21


書き忘れた事がありました。おた市で配っているチラシによると、売り場1000坪だそうです。確かに広い。ポイントカードは小牧店オリジナルデザインの物ですが、桑名店のカードも使えます
Posted by こーちゃん at 2016年12月04日 00:30


こーちゃんさま

 お宝市番館尾張小牧店のポイントカード
詳細のご教示、誠に有難うございました!。

 他店共通なのがイイところですね。

 私 omemoも早くコレクションアイテムとして?
ゲットしたいところです。

Posted by omemo at 2016年12月04日 11:25
Posted by omemo at 2017年08月10日 12:25
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

 【 警告 】
 当ブログ(万代書店&鑑定団&倉庫の全国制覇を目指すブログ
  (http://mandaisoukokanteidan.seesaa.net/)内にて掲載されている
 全てのコンテンツ(文章、画像、その他の掲載している電子情報の全て)の
 無断転載、転用を禁止します。
 当ブログの全てのコンテンツは、日本の著作権法及び国際条約によって
 保護を受けています。
 Copyright 2007〜2014
 万代書店&鑑定団&倉庫の全国制覇を目指すブログ. All rights reserved.
  Never reproduce or replicate without written permission.